印鑑のきまり

印鑑のきまり

私たちが生活するうえでとても身近なものである印鑑ですが普段何気なく使っていてくわしい決まりがわからない、不動産を購入するときや車を購入するとき実印が必要といわれ、いざ作ろうと思ったときどう選べばよいのかわからないと感じることはありませんか?

そんなときにちょっとだけ詳しく知りたい印鑑のきまりごとを解説します。

印鑑の種類ってどのくらいあるのか?

個人と法人で使う印鑑の違いってなんだろう?

会社をはじめるにあたってどういう印鑑が必要なのだろうか?

いざ印鑑を選ぼうと思ったときさまざまな書体があって特長もわからない。

大きさってどれくらいがふつうなの?

素材は象牙は知っているけど高そうだし他の素材はわからないから困ってしまう。

このサイトではそんなちょっとした疑問の数々のヒントになるように作成しました。少しでもお役に立てれば幸いです。

印鑑は大切な物

印鑑はいろいろなステージで必要になる大切な物です。また実印や銀行印などは特に長期にわたって使い続ける物です。自分の将来を見据えて自分にあったものを見つけることが大切です。

印鑑は直接金銭に直結する事柄に多くかかわるので保管には細心の注意が必要です。銀行印は通帳と一緒に保管するのは危険です。実印なども銀行の貸し金庫などに預けて置く方が安心です。

更新情報

  • 2012年7月14日: サイトをリニューアルしました